アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「環境」のブログ記事

みんなの「環境」ブログ

タイトル 日 時
地球温暖化防止税の増税は必要か
1.地球温暖化防止に効果のない補助金に課税せよ  石油石炭の消費量に応じた課税がH14 年から始まることになっているが、その税率を上げる議論が出てきた。 世界の温暖化ガス削減に協力せざるを得ないからであろう。もちろん、原子力発電には課税されない。  しかし、日本には、温暖化に逆行する政策への補助金があまりにも多い。このような事業に地球温暖化防止税が使われているのである。たとえば、小規模太陽光発電でも40円/kwhもの上乗せ価格で電力会社が買い取らされている。しかし、どれほど、CO2削減に寄与... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/11/24 22:35
太陽光発電は、黒岩神奈川県知事のお遊び
1.就任当初に打ち上げた太陽光発電普及熱は冷め始めた。  黒岩知事の就任時の演説を覚えている人も多いと思う。熱く、太陽光発電の普及に3000億円を投入するとぶち上げたが、普及の目標は就任当初の数分の一にまで減ってしまった。その理由を、重さに耐えなられない工場の屋根にパネルを施工しようとしたと言う。費用対効果を無視して市町村の学校の屋根に数m2の小型の太陽光発電装置を付けさせたり、住宅用の小型発電への補助を積み上げた結果、補助金が底をついたのが本当の理由であろう。この間に、何か、神奈川県下に良い... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/09/07 08:38
環境省の横暴・・生ごみのガス化処理
1.バイオガス化装置の普及を環境省は図っています。  環境省の一課長が通達で、ごみ焼却炉の性能向上に対する補助金を出すと言うエサを付けて、生ごみを燃やさないでガス化する装置の普及を図ろうとしています。  既に、全国の広域ごみ処理施設で、数施設が稼働していますが、どうみても生ごみをガス化処理するメリットは無く、むしろ赤字にな理ます。反対が多く導入はこのところ止まっていますが、普及した理由の一つが、「ゴミの広域処理」にあるようです。広域処理の場合、数ケの自治体の共同運営になりますが、この場合、各... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/07/23 15:16
電気自動車と生ごみ堆肥化
1.電気自動車が普及しても地球温暖化は止まらない  郵政公社がベンチャー企業から150台以上の電気自動車を購入するなど、費用対効果で電気自動車を選ぶようになったきました。地球温暖化防止の「啓蒙」になると言って、高価な電気自動車と急速充電器を買う自治体がありましたが、さすが無駄なことだと分かり減って来た様子です。しかし、意味の薄い保護対策であっても、「やらないよりやった方が良い」、「できることから始めよう」と屁理屈をこねまわし、費用対効果を無視して実施に持ち込む自治体がまだまだ多いようです。財政... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/05/16 09:49
黒岩知事、なぜ風力発電ではダメなのですか!
1.知事の唱える「ソーラーバンク」はネズミ講?  蓮舫大臣の「なぜ2番じゃダメなのですか!」は流行語になったが、黒岩知事には、「なぜ、風力発電じゃダメなんですか?」と問いかけたい。知事選立候補の会見で、知事は、知恵袋が英知を集め編み出した世界で初めてという「ソーラーバンク」を紹介したが、聞いていて「ネズミ講」の説明と同じだと感じた。  ドイツが始めた家庭用太陽光発電の余剰電力買い上げ制度を、日本も採用した。しかし、この屋根上の小規模発電は、今までの電力よりコスト高になる分を、無理やり電力会... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2011/05/26 10:38
黒岩知事と太陽光発電
 神奈川県知事に当選するなり、黒岩知事は太陽光発電、脱原発を声高に叫んだ。「声高に理なし」のたとえ通り理はない。地産地消もおそらく言い出すに違いない。これにも理はない。    これが嵩じると、電力会社は、脱原発を声高に叫んだ神奈川県には、その分電力供給を減らすと言い出しかねない。原発の発電割合は現在平均で25〜30%ぐらいだから、太陽光発電を普及し節電すればなんとかやれる、なんて考えているのかもしれない。実際我が家でこの4月節電に努めた結果、電力消費量は75%程度に落ちた。しかし、深夜は、ほ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2011/04/13 00:25
大気汚染は花粉症の原因ではない
1.タクシーの運転手に花粉症は少ない。  過去いろいろ花粉症と大気汚染との関係が言われているが、私は、信じないようにしている。というのは、突然花粉症になり早40年。原因を突き止めたいと考え、20年ほど前に(たしかた長野県の研究者の)「自動車排ガスが花粉症の原因になる」という論文を読んだ。それなら、タクシー運転手に花粉症は多いはずだ」と考え、出張が多かったことを幸い、全国でタクシーに乗る度に、運転手に「おたくの会社の花粉症の割合は?」と尋ね回った。おしくも、そのデータを無くしてしまったが、明らか... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/02/21 11:20
環境ポピュリズムの台頭
1.環境保護に後ろ向きだと思われると、当選できない こう思っている議員は多い。しかし、今行っている環境保護政策が、本当に環境保護に寄与しているかどうかを確かめている議員は極少ない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2011/01/28 13:23
電気自動車は温暖化防止に逆効果
1.電気自動車が普及しても地球温暖化は止まらない  郵政公社がベンチャー企業から150台以上の電気自動車を購入するなど、費用対効果で電気自動車を選ぶようになったきました。地球温暖化防止の「啓蒙」になると言って、高価な電気自動車と急速充電器を買う自治体がありましたが、さすが無駄なことだと分かり減って来た様子です。しかし、意味の薄い保護対策であっても、「やらないよりやった方が良い」、「できることから始めよう」と屁理屈をこねまわし、費用対効果を無視して実施に持ち込む自治体がまだまだ多いようです。財政... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/01 13:01
レジ袋の削減に意味はない−2
 局所的な「公害」の防止から、地球の環境の維持に発展してきた。南極の氷から何万年前の 大気の組成が分かるようになり、花粉の化石からもっと古くからの植生が分かるようになってきた。地球大気の温度が上がっていると言う調査結果も出始めた。  これらの調査結果から、地球大気の温度が上がっている原因が推測できるようになってきたが、まだまだ分からないことが多く、まだまだ混沌としていると言って良い。  混沌としたものを、混沌としたまま理解しようとする姿勢は、欠かすことはできない。「この現象が起きる原理はこれ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2010/08/16 23:24
役所主導の環境保護は止めよ
1.「協働」でこそ環境保護ができる。  「協働」という言葉が「自治基本条例」等に載り、全国の市町村で使われるようになってきました。ほとんどの自治基本条例には、住民との「協働」が不可欠と書かれ、情報公開を行い、政策立案の段階から住民と役所が一緒に働くと書かれています。  しかし、条例ができても、役所の職員も住民も「協働」が何であるかをあまり理解していないようです。神奈川県の寒川町の環境課長は、住民とのリサイクルセンター建設の是非を議論する場で、「町の言うことが信用できないなら話にならない」と息... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/07/15 15:31
黄砂は森林破壊を止める肥料
★黄砂が毎年2〜4月頃に日本に来襲する。中国の砂漠で発生した黄砂は途中硫酸イオン及び硝酸イオンなどを吸着ながら日本に降下し、微細な粒子は喘息や花粉症と似た症状を起こす、pH5.6を下回る酸性雨の原因である、高速道路の透水性舗装を目詰まりさせるなどの原因とも言われ悪者扱いされている。しかし、黄砂には、環境保護に大きく貢献している面があることを見過ごしてはならない。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2010/03/23 23:33
温水器・給湯器の選び方と原子力発電
 最近、我が家の夜間電力を使った電気温水器が40年経過し能力が落ちて来ました。取り替えようと調べてみたところ、最も安く、CO2排出の少ない方法は夜間電力を使った電気温水器であることが分かりました。その理由は、夜間電力が安いことと、原子力発電がCO2を出さないことです。  温水の生成量当たりの燃料費(エネルギー代)は、概略、普通の電気温水器が25、夜間電力が8、都市ガスや灯油が10、プロパンが20の比率です。これに装置の償却費用が加わりますが、燃料費に比べ寿命がある程度長く金利も低いので勘案して... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/11 11:50
CO2削減は国内で、景気回復は外需で
 CO2削減は国内で、景気回復は外需でというわけには行きません。新しい価値の創造、生産性の向上がなければ経済は成長せず、日本も世界も生活のレベルは上がりません。世界全体のCO2排出量の4%(約12億トン)しか排出していない日本が、国内で25%のCO2排出を削減しても、世界全体で1%減るだけです。地球温暖化防止に何の効果もないと言って良い程度です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/02/10 00:12
環境基本計画の無駄
 多くの市町村で環境基本計画が作られていますが、その成果報告である「環境報告書」を読むと、計画未達が非常に多いのにあきれます。これでは、基本計画を作った意味がありません。計画とは目標達成を効率よく行うためにあるものです。どうしてこのような無駄が起きるのでしょうか? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/22 13:16
太陽光発電バブルがはじけた欧州
「小規模太陽光発電は、CO2排出を増やします」(2009/01/10付け)。テレビ朝日スパモニで、「太陽光発電はモトが取れると報道された」(2009/08/17付け)。など、本ブログで、小規模太陽光発電が環境保護の切り札ではないことを書いてきたが、最近、欧州で「太陽光発電バブル」がはじけていることをご存じであろうか。 (注)日経エレクトロニクス雑誌ブログ、「太陽電池バブルは大丈夫か」(2007/06/27 09:54:野澤 哲生)などに、詳しく経緯が載っているので参照されたい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/17 20:25
今の環境教育は、環境保護に結びつくのか
 先日、講演会の席である40歳前後の婦人から「日本の環境は悪化の一致をたどっているのではないか?」と質問されました。近くの席の70歳代の男性に「昔に比べ今はどうですか?」と問い掛けると、「格段に良くなっている。昔は空気に臭いがあった。川も臭かった」と答えました。このご婦人は「解せない」といった感じでしたが、町は確実にきれいになっているのです。自信を持って良いと思います。  先般、小学校の先生の約半分が、野菜畑を増やすと地球温暖化防止に効果があると信じていることが分かりました。野菜は食べても腐敗... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/01 19:39
市町村の環境保護事業は、即刻止めなさい
 ここでは、輸入資源の消費節減と言う「本来的な地球規模の」環境保護対策に限定して述べる、と断っておくが、この類の環境保護を目的に、多くの市町村が、電気自動車1台と高速充電装置を買ったり、デモ用と風力発電機を設置したりしている。これによってCO2は減るどころか、逆に、その装置の生産時に発生するCO2が大きいため、トータルで大きくCO2排出を増やしてしまっている。まして、充電装置は、コンビニやガソリンスタンドが設置をし始めており、何も小さな市町村ごとに競争するテーマではない。どうして、環境保護と言う... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/10/01 10:44
QCバカと環境オタク
 品質管理の神様、デミングさんの教えをここまで浸透させた国は日本しかないと思う。本来統計学を基礎にした、効率的に品質を保証する技術であったものが、大きく転進し、魚の骨線図などが普通に生産活動で生かされ、TQC(トータル クオリティ コントロール)なる、品質管理と似ても似つかぬものに移行し、輸出用のISO9100の受審を増えさせた。(現在は、中国の受審数が断然多いが・・)。  何でもQCの手法で理解し対策しようとする人を、私は「QCバカ」と呼ばせていただいている.。「QCバカ」はどの生産会社でも... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/09/25 12:06
CO2の排出権の購入は日本の産業をダメにする
 日本は、資源のない国であり、工業製品などを売って稼いだ金で、石油や食糧を買っている国である。この20年余り、日本国内での生産がどんどん減り、海外生産に移行した。当然、国内の産業は減り雇用も減ってきた。内需を喚起せよと言うが、内需の量はさほど大き句はならない。新しい技術開発で世界の先端を走り付加価値の大きな製品を海外に売るしか、日本の生きる道は無いと考えて良い。  現在、数千億円のCO2排出権を、世界から日本の企業が買っている。排出権は、それ自体CO2の削減に寄与するものではなく、国からCO2... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/19 16:58
子供たちに教えたい、環境保護
1.環境保護は「地球」の問題だということを、教えたいのです。 自分の周りさえ良ければそれで良い、という考えでは環境問題は解決できません。「地球全体の状況と日本と世界の関係を知って行動できる」子供にしたいと思っています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/08/27 12:31
世界が経済発展しなきゃ環境保護は進まない
 ジェフリー・サックス、国連事務総長の特別顧問(コロンビア大学地球研究所所長)は、先進国がGDPの0.7%を発展途上国に出せば、2025年までに貧困は消え、環境保護が図られると力説している。私も基本的に同じ意見である。  歴史的に見て、人口増加が環境破壊の最大の要因であることは確かである。よって、かつて先進国やアジアで成功したように、経済を自力で発展させて、女性に現金収入の道を作り「女性の権利を上げる」以外に、人口増加を止める手段はないのだと思う。もちろん、そうしなければ、乳児死亡率も減らない... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/08/27 12:26
 地球温暖化防止コストを安易に負担するな
1.地球温暖化防止のコストをだれが負担すべきか?  最近、CO2削減に協力できるなら、少しぐらいの負担は仕方がないと言う風潮が生まれてきたように思う。そのように国民が政府に誘導されてきた、と言うべきかもしれない。  先般、各家庭で太陽光発電のコストアップ分を電力会社が一旦負担し、家庭の電力代に付け替えること決まった。太陽光発電装置に補助金が出ると喜んでいる家庭もあるが、補助金もいずれ国民の負担となって返ってくるのである。これらの所帯当たりの負担増は、今の時点で100円/年程度の増加かもしれな... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/08/23 09:10
プラごみ(容器包装)は,燃やすのが最良の環境保護です
1.どの市町村も、プラスチックゴミごみのリサイクルを始めている  資源循環型社会をめざして収集・リサイクルし(CO2を余計に排出しながら)ゴミ処理を進めています。どの自治体も、未曾有の財政難にも拘わらずゴミ処理・リサイクルは「義務的経費」として削減の対象にしていません。また、どの市町村も、自分の都市形態に適したゴミ処理の検討を放棄し、国の作った仕組みをなぞるだけです。だから、日本中どこに行っても同じ問題が出ているのです。大都市のど真ん中と過疎地とで同じ仕組みのサービスを展開しようとしても、無駄... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

2009/08/11 11:03
環境保護と農業振興は二律背反である
 神奈川県に「環境農政部」というのがある。もともと2つであった部を1つにまとめる時にこうなったと聞く。環境破壊の歴史を見れば、農業や牧畜が環境破壊の元凶であったことが分かる。だから、農業をしっかり制御しておかないと環境破壊が起こると考えるのは正しい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/07/27 22:50
北極の氷が解けても、海水面の上昇は起きない
 オンザロックの氷が解けても、水がコップからあふれることはありません。北極(北極圏ではない)の氷は海水に浮いていますので解けても海水面は上がりません。南極の氷が解ければ、海水面は上がります。このようなひっかけ問題はいろいろあり、環境に関心を持っている人はとくに注意が必要です。ツバルが、海水面の上昇で沈みそうだと言われますが、地盤沈下かもしれません。町がいなく海水面の上昇だと分かってから発言すべきです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/07/27 16:53
屋上緑化はヒートアイランド防止にはならない
 屋上緑化で屋上表面の温度が下がるのは、枝葉や土から水分が蒸散するからである。手の掛かる木を植えたりしなくても、屋上に吸水材を敷いて水を掛け、その水分を蒸散させても同じ効果があることは実験で分かっている。屋上の景観を見栄えのあるものに変える目的で、横浜ジョイナスや玉川高島屋は屋上緑化を採用しているが、ヒトーアイランド防止が目的であるなら、定期的に散水しておくだけで十分効果が出る。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/07/27 16:32
藤沢市の事業仕分けの感想
 藤沢市で、7月26日に「事業仕分け」が行われた。「そもそも、この事業は必要なのか、市で行う意味があるのか」など大所高所から、市の事業を第三者が見直す公開の会議である。環境問題関連の事業(傍聴50名〜)を傍聴した感想を少し述べる。くわしくは、近々、下記サイトに公表されるのが通例である。 http://www.kosonippon.org/shiwake/municipality_sort/index.php ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/07/27 13:35
多目的事業はほとんどが無駄使い
1.地球温暖化防止にも効果もある街路樹  街路樹を増やす事業の予算趣意書に、「景観の改善に加えて、地球温暖化防止の効果もある多目的な事業である」と、どの市町村も書き加えている。タカが、数百本の樹木を植えても、枝落としはするであろうから、白神山地のようにセルロースとして炭素(CO2)が長く蓄積されることはない。やらないよりやった方が良い事業ではなく、効果と投資額を比較すれば、「やらない方が良い地球温暖化防止対策」であることはすぐ分かる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/07/25 23:57
屋上緑化はヒートアイランド対策ではない
 屋上緑化で屋上表面の温度が下がるのは、枝葉や土から水分が蒸散するからである。手の掛かる木を植えたりしなくても、屋上に吸水材を敷いて水を掛け、その水分を蒸散させても同じ効果があることは実験で分かっている。屋上の景観を見栄えのあるものに変える目的で、横浜ジョイナスや玉川高島屋は屋上緑化を採用しているが、ヒトーアイランド防止が目的であるなら、定期的に散水しておくだけで十分効果が出る。  地球温暖化防止の効果も期待できると、屋上緑化業者のカタログに書いてあるが、屋上の樹木が白神山地のように大きく成長... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/07/25 23:07
ごみの「資源化率」は、資源になっている割合ではありません。
どの市町村も、「ごみの資源化率は「100%でした」などと公表していますが、誰が考えても100%になるなどあり得ません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/07/17 21:01
PDCAサイクルの無駄
 よく、市町村の○○計画書に「PDCAを回す」と書かれている。ISOからの引用だと思われるが、これは、計画(P:プラン)をして、実行し(D:デゥー)、チェック(C)、してその結果を生かす(A:アクション)という、政策実行の手法である。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2009/07/11 10:29
ドイツが原子力発電の凍結を解除
ドイツが原子力発電の凍結を解除 ドイツは、今以上原子力発電を原則増やさないことにし、需要が増えた分はフランスから(原子力発電が主)購入するとしていましたが、地球温暖化防止の流れを考えて、この原則を廃止しそうです。(議会を通っていませんが・・) 北欧にはこのような流れが出始めているのです。それほど、地球温暖化防止に関心が高いと言えるのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/07/10 08:57
電磁調理器(IHヒーター)は、なぜ高い
 北欧で、IHヒーター(電磁調理台)の価格を見ると、異常に安いことに驚く。日本の価格の1/3ぐらいだと思われる。しかも、ほとんどの家庭に普及している。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/30 15:59
エコキュートは地球温暖化防止に効くのか
エコキュートという、大気と水を最初に熱交換して、少し温度の上がった水を温める、節約型の温水機が、売れています。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/06/30 15:21
横須賀市のアイクルは無駄な箱物
横須賀市に「アイクル」という、20億円を掛けたと言われる豪華なゴミのリサイクル施設があります。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/06/27 18:39
生ゴミの堆肥化は、レクレーションです
いろいろな目的があると、生ゴミの堆肥化推進派は言います。その目的を羅列し、意味のないことを説明します。  ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/26 22:52
横浜市の緑化税と環境保護政策
1.横浜市は、財政難であるにも関わらず、「無駄な事業はない」と言い切って「緑化税」を新設し、緑地を増やしています。しかし、市が行ったアンケートによると40%もの市民が「今のままで良い」と答えているのです。増税がそもそも必要なのか疑問です。環境創造局の職員は、横浜市がジャングルになるまで、際限なく、緑を増やそうと思っているようです。また、「農業を増やすと環境が良くなると信じて(信仰して)いる」職員が多いようです。まさか、野菜栽培が地 球温暖化防止に効くと思っているのではないと思いますが、信仰は行政... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/26 21:54
日本は、ツバルからの移民を受け入れよ!
日本は、ツバルからの移民を受け入れよ! 【1.】日本は、過去いろいろ温暖化対策をしているが、結局何もCO2排出は減っていません。これが結論です。添付グラフ参照。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/06/13 22:08
麻生首相の15%削減宣言
 昨日、麻生首相は「世界をリードする」目的で、格段に厳しいCO2削減を国民に課すと宣言した。10年前、ノーベル賞をその後受賞したある元米国副大統領にだまされて6%削減を京都で日本がブチ上げたたが、結局、世界は付いてこなかった。また,全く同じことをまたやっている。デジャブだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/11 08:30
小規模太陽光発電は、CO2排出を増やします
風力発電は太陽光発電よりマシですが、発電コストは今の2倍程度。日本は風車の世界のトップレベルですが、日本で使っている風車は欧州の中古が多いそうです。岬の先に風車を据えても送電線のロスが大きいので、漁協経営の製氷機用の発電に使い、風が吹いたときに氷にしてエネルギーを溜め込むのが唯一実用的な使い方で、地球温暖化防止に寄与しているのです。目を覚ませ! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/01/10 14:13

トップへ | みんなの「環境」ブログ

環境オンブズマン 環境のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる