環境オンブズマン

アクセスカウンタ

zoom RSS 市民オンブズマンを市長が表彰したら

<<   作成日時 : 2015/02/07 11:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

1.日本では、市長が市民オンブズマン組織を表彰した例はまだない。
 なぜないのであろうか?10年程度の継続的なボランティアによる活動を行い、地方自治に貢献した団体は審査した上で表彰するという規定を持っている市町村は多い。
 ある特定の候補者を支援し政党の選挙運動を行う、といった「政治活動」を行う団体を首長が表彰することはできないが、市民オンブズマン組織の多くは「不偏不党」をうたい、自治体のあるべき姿を念頭に置きながら市民活動を行っている。そして、多くの行政の不正や人権侵害を指摘・告発し大きな成果を上げている。 それなのに、どうして、表彰例がないのであろうか?

2.オンブズマン(またはオンブズパーソン)と市民オンブズマン組織の違い
 1)スウェーデンで1809年に発足したオンブズマンは、パブリックオンブズマン(Public ombudsman)と呼ばれるように、国民の権利の擁護者であり、議会に対し行政の不備を指摘し改善などを諮問する人を指す。
最近、役所の中に、弁護士などを数名雇い入れ、市民からの苦情や不正の指摘を受ける人を置く市が増えている。これを「オンブズマン」と呼んでいるが、しかし、行政が雇い入れている限り、行政に「おもねる姿勢がどうしても出る」と市民は感じてしまう。議会にも「監査役」がいるが、ほとんど不正の摘発の役に立っていない。

 2)ご存知の通り、日本は自治体に「2元代表制」を敷いており、役所と議会がそれぞれ独立した立場で議論し審査し政策を決めている。しかし、ほとんどの自治体は「全員与党化しており、行政が提案した政策はほぼ100%承認されている。このような状態では、役所の不正など見つけられるわけがない。
 スエーデンのように、議会の諮問機関として「オンブズマン」が機能すればよいのだが、日本にはいない。そこで生まれたのが「市民オンブズマン組織」である。

3)「市民オンブズマン(組織)」を名乗らずに、役所の無駄使いを少なくしようとする「事業の仕訳け」を行ったり、警察や議会を監視する民間団体や、人権擁護を行うボランティア団体は全国に数多くある。これらは、議会と役所が「ナアナア」になれば、間違いなく自治体はユガムと考え、それを本来の「住民主権」に戻そうと活動している。2元代表制の日本にこそ必要な市民運動と言える。

3.市民オンブズマン組織の活動の原則
  日本の最初の「市民オンブズマン」は、1980年12月14日に大阪で結成されたそうだが、いずれの党派にも加担しないで、市民(住民自治)の立場から、行政を監視する。
「市民オンブズマン組織」の活動の価値を認めない市町村は、おおむね、地方議会がオール与党であったり、住民が、「お上(行政)の指示には従おう」とする意識が強かったり、市民オンブズマンへの批判的な宣伝によって誤解をしている。

市民オンブズマン組織が、大きな住民の意思を代弁しているとの理解が進んでいる市町村では、首長自ら、活動の価値を認め、役所の職員に「言われても仕方がないだろう」と反省を促し、貴重な指摘に対し感謝をしている。
元鳥取県知事の片山善博氏(現、慶応大学教授)は、「市民オンブズマンの指摘を参考にせよ」と職員に指示を出していたと聞く。それには、市民オンブズマン組織は、常に、中立的な立場から原因を究明し、是正措置を勧告する活動に徹しなければならない。ケチをつける姿勢ではなく「建設的」であって、私利私欲に走らないことが肝要であろう。

そうなれば自治体が(といっても住民の意思に沿って首長が)表彰しても何もおかしくはない。そうすることによって、市民が「首長は、住民自治を高めている」と評価するであろう。「役所の仕事に貢献したから表彰する」というより、より高次元の町全体を考えた表彰となるに違いない。ゆくゆくは、議会が市民オンブズマン組織に「助言」を求めるようになると思われるが、今はまだどの地方議会も意識は低く、そうなるまでにはかなりの時間がかかると思われる。          以上

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
市民オンブズマンを市長が表彰したら 環境オンブズマン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる