新コロナを正しく恐れよ

1,安倍首相が、全国一斉休校を勧告した。  首相は英断だと自賛するが、首相が新型コロナウイルスを正しく恐れているとは思えない。休校の生活への影響を調べもせず、科学的な効果予測もせず、ただ恐ろしさに急ぎ対処しようという「扇動・教唆」である。  それは、戦前の軍部の大本営発表とそっくりである。さほど大きな被害を国民が受けていないにも拘ら…
コメント:0

続きを読むread more

知名度を上げても、町おこしはできない

1,「町おこし」には必ず「リスク」が伴う  本来、行政は、住民の望まないことをやってはいけない。「望んではいないようだが、本当は、町おこしをやりたいのだ」と言う自治体職員がいるが、職責を間違えている。  リスク無しに町興しはできない。行政側がリスクを負うことは原理的にできない。非公的機関を行政が補助して作っても同じである。民間の力を…
コメント:0

続きを読むread more

新型コロナを恐れよと、大本営発表

安倍首相が、全国一斉休校を勧告した。  首相は英断だと自賛するが、首相が新型コロナウイルスを正しく恐れているとは思えない。休校の生活への影響を調べもせず、科学的な効果予測もせず、ただ恐ろしさに急ぎ対処しようという「扇動・教唆」である。  それは、戦前の軍部の大本営発表とそっくりである。さほど大きな被害を国民が受けていないにも拘らず、…
コメント:0

続きを読むread more

「幸福度」は、行政の指標にはならない

慶應義塾大学の前野教授は、「幸福度」を自治体の運営指標にするよう推奨しています。既に2~3の自治体で、例えば「住民が幸福と感ずる割合を上げるには、どうしたら良いか」などと指導をしています。 ブータン王国がGNP(国民総生産)ではなくGNH(国民幸福量)を取り入れたことは有名ですが、調査機関ごとに評価基準が違うので、どれが正しい「幸…
コメント:0

続きを読むread more

ふるさと納税制度を無くそう

1.平成29 年3 月27 日 全国知事会長が、総務省に意見書を提出 地方と都市の税収格差是正に寄与し、寄附文化の醸成し、返礼品で自治体の魅力のPRにもつながるとは言いながら、事実上、高額所得者ほど返礼品による受益が大きいという逆進性がある、本来、地方との税収格差は地方交付税制度を通じて是正すべきものとの問題があると指摘して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロックバンド LUNA SEAが燃料電池電源でコンサート

1..ロックバンド LUNA SEAが、H29年6月29日、日本武道館公演で、燃料電池自動車を電源にコンサートを行った。 ギタリストのSUGIZOは、この電力は水素を燃料に使うのでCO2を排出しない。地球温暖化防止にも寄与すると言っていたが、自動車は確かにCO2と言う地球温暖化を排出しないが、水素を作る時にCO2を排出する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

憲法は、政府の暴走をとめるためのもの

1.高校時代に習った「立憲主義」は、先進国共通の基本理念ではないのか? この立憲主義が、現在の日本国憲法と明治憲法との根本的な違いだと習った。「為政者の暴走を止める」ためにあるので、「これだけはやるなよ!」と書かれているものが憲法だと信じていた。 「武力の行使で国際紛争を解決しない」(9条)と書かかれている。これは分かりやす…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

小池知事の本当の狙い

1.豊洲の安全性が最優先課題だといいます。 しかし、 安全にする対策について、なぜか、一つも話しません。 この理由は、いったい何なのでしょうか? 知事は、安全化などどうでもよいと思っているに違いありません。 知事の目的は、「安全・安心」ではないのです。 2.都民は、早い、安価な「安全化」を望んでいます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

河原の掃除に子供を駆り出す日本

1.学校の教室の掃除を児童が行うのはすばらしい これを見学した多くの外国人が賞賛している。しかし、主に大人が汚した河原の掃除を児童にやらせるのは日本 だけ。 2.日本のボランティアグループが、率先してパリの観光地でゴミ拾いをした。 ワールドカップで試合後、スタジアムの清掃を行った日本人が 世界を驚かせた。江戸時代に日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

寒川町議会のタブレット化

地方議会の紙ゼロ化が進んでいます(日経、H28/3/4 朝地方版)が、寒川町議会の場合は、タブレットはあくまで議員用と傍聴者用です。 議員のタブレットに、議案などを載せたら、すぐに町のホームページに同じものを載せるべきです。 議員にタブレットで議案を見せてもらっても、ハードコピーが取れないので、結局、いちいち情報公開請求をし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1億総活躍社会の呼びかけの真意

安倍首相の「1億総活躍社会」を聞いて、終戦時、東久邇内閣が、「一億総懺悔」を唱えたことを思い出した。 一億国民が背負うべきと言って、政府特に軍部の責任を薄めたが、それと同じように、安倍政権が少子高齢化を乗り切れなかった場合、国民が活躍しなかったからだと言いたいのだろうと思う。 太平洋戦争に突入した経緯からも、政治の責任は、国…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

死ぬまで住みたい横浜市にしてほしい

1.地方創生総合計画策定の問題点 過去の、『日本列島改造論』や『ふるさと創生』と違い、今度は、大都市一極集中にならないように、何をやるかは地方で考えて頂き、国は情報、財政、人的な面で支援をしますと、石破地方創生担当大臣は言います。 1)まず“自分の町がどのような状態なのか?”を把握し、“自分たちの町にはどういう事業が必要か?”…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

看取りと給食で、非行が減り、学力も上がる

1.ペットやおじいちゃんを看取った子に非行は少ない。  保護司の経験から、病院から死体で帰ってきた場合と、実際の看取りとは大きく違うと感じている。人間は、穏やかな旅発ちに立ち会うことが、たとえ愛するペットの臨終であろうと、何かを受け継ぐはずである。  北欧の高齢者に自殺・孤独死が多いが、逆に、病院で死亡する率が80%とダントツに高い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地球温暖化 2℃気温が上がると戻らない

1. 地球の平均気温が2℃上がると、もう温暖化は止められない ぐずぐずしてはおれない。早急に待機中のCO2濃度を減らさないと大変なことになるというのが、今回のIPCCの報告の骨子である。対策は、CO2の発生を減らすか、回収して地下に埋蔵するしか方法はない。しかし、世界のCO2排出量の40%を中国と米国が占めているが、一向に彼ら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ディジタル ヘロイン ・・ゲーム依存症の恐ろしさ・・

以下は、「インターネット・ゲーム依存症」 文春新書 岡田尊司著の要旨に、自分なりの意見を加えたものである。 1.町内小中学校で、スマホなどへの依存度の、継続的な調査が行われている  しかし、どの種類のゲームを、何時間やっているか調べたデータはない。暇つぶし程度のゲームだからいいだろうと、スマホを親が買い与えインターネットに接続し…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

介護職不足と刑務所 横浜保護観察所長殿 

1. 給与アップ(平均)1万円/月で、介護職が増えるのか? 1)2012 年の日本の介護職員の数は 153 万人だったが、2025 年には 237~249 万人の増員が必要になると政府は推計している。これは平均約8万人/.年程度になる。 2)介護現場は慢性的な人手不足である。有効求人倍率は全職種平均の2倍以上が続き、これからの高齢化…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

市民オンブズマンを市長が表彰したら

1.日本では、市長が市民オンブズマン組織を表彰した例はまだない。  なぜないのであろうか?10年程度の継続的なボランティアによる活動を行い、地方自治に貢献した団体は審査した上で表彰するという規定を持っている市町村は多い。  ある特定の候補者を支援し政党の選挙運動を行う、といった「政治活動」を行う団体を首長が表彰することはできないが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

PDCAにごまかされるな

フォーラムをいただきました。 ありがとうございます。 1.そもそも行政評価は、市民側がやるべきことです  もし、市が、自己評価するなら、「このように評価します」と、  市が打ち出し、市民の了承を得て行うべきだと思います。    議会基本条例も行政基本条例も、作るときの基本は同じです。  このような考えで作るのが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

官製はがきがレーザープリンターに不向き

不祝儀用の官製はがきを150枚、レーザープリンターを使うと告げて購入し印刷したところ、汚れが出て使い物にならなくなりました。すぐ郵便局にダメになったはがきを持参したところ、「紙質を変えて印刷してみてください」とのこと。 今度は「普通紙」だと言われ、手数料を750円払って買い換えて印刷すると、まったく同じでダメ。あわててインクジェッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

IPCCの地球温暖化レポートと排出権取引

1.IPCCの地球温暖化レポートが出た  地球の平均気温が2℃上がると、もう温暖化は止められない。ぐずぐずしてはおれない。早急に大気中のCO2濃度を減らさないと大変なことになるというのが、今回の報告の骨子である。  対策は、CO2の発生を減らすか、回収して地下に埋蔵するしかない。しかし、世界のCO2排出量の40%を中国と米国が占めて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more