アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「無駄使い」のブログ記事

みんなの「無駄使い」ブログ

タイトル 日 時
小池知事の本当の狙い
1.豊洲の安全性が最優先課題だといいます。 しかし、 安全にする対策について、なぜか、一つも話しません。 この理由は、いったい何なのでしょうか? 知事は、安全化などどうでもよいと思っているに違いありません。 知事の目的は、「安全・安心」ではないのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/10/03 08:39
寒川町議会のタブレット化
地方議会の紙ゼロ化が進んでいます(日経、H28/3/4 朝地方版)が、寒川町議会の場合は、タブレットはあくまで議員用と傍聴者用です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/03/04 09:23
地球温暖化 2℃気温が上がると戻らない
1. 地球の平均気温が2℃上がると、もう温暖化は止められない ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/02/15 07:59
市民オンブズマンを市長が表彰したら
1.日本では、市長が市民オンブズマン組織を表彰した例はまだない。  なぜないのであろうか?10年程度の継続的なボランティアによる活動を行い、地方自治に貢献した団体は審査した上で表彰するという規定を持っている市町村は多い。  ある特定の候補者を支援し政党の選挙運動を行う、といった「政治活動」を行う団体を首長が表彰することはできないが、市民オンブズマン組織の多くは「不偏不党」をうたい、自治体のあるべき姿を念頭に置きながら市民活動を行っている。そして、多くの行政の不正や人権侵害を指摘・告発し大きな... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/02/07 11:50
PDCAにごまかされるな
フォーラムをいただきました。 ありがとうございます。 1.そもそも行政評価は、市民側がやるべきことです ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/12/21 09:26
IPCCの地球温暖化レポートと排出権取引
1.IPCCの地球温暖化レポートが出た  地球の平均気温が2℃上がると、もう温暖化は止められない。ぐずぐずしてはおれない。早急に大気中のCO2濃度を減らさないと大変なことになるというのが、今回の報告の骨子である。  対策は、CO2の発生を減らすか、回収して地下に埋蔵するしかない。しかし、世界のCO2排出量の40%を中国と米国が占めているが、一向に彼らは減らそうとしていない。3%弱の日本が、いくら一生懸命やってもスズメの涙だ。「無駄な抵抗はよせ」と言いたい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/11/26 23:08
キエーロと生ごみのたい肥化
1.生ごみのたい肥化は、主婦のレクレーション  ぜひ、費用対効果を考えてほしい。行政が推奨するならなおさらである。鎌倉市は、以前からごみのたい肥化に熱心だがなぜか、、その実績・成果や費用対効果を数値で公表したことはない。同様の市町村が全国に多い。プラスチック製のコンポスター購入に補助をつけ、段ボール箱でたい肥を作ると宣伝し、今度はキエーロだという。どこまで、やれば気が済むのかと言いたくなる。作った堆肥をプロの農家が使わないことが、普及しない最大の理由。農家に委託するならまだしも、素人の市職員や... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/11/19 11:37
環境省の横暴・・生ごみのガス化処理
1.バイオガス化装置の普及を環境省は図っています。  環境省の一課長が通達で、ごみ焼却炉の性能向上に対する補助金を出すと言うエサを付けて、生ごみを燃やさないでガス化する装置の普及を図ろうとしています。  既に、全国の広域ごみ処理施設で、数施設が稼働していますが、どうみても生ごみをガス化処理するメリットは無く、むしろ赤字にな理ます。反対が多く導入はこのところ止まっていますが、普及した理由の一つが、「ゴミの広域処理」にあるようです。広域処理の場合、数ケの自治体の共同運営になりますが、この場合、各... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/07/23 15:16
電気自動車と生ごみ堆肥化
1.電気自動車が普及しても地球温暖化は止まらない  郵政公社がベンチャー企業から150台以上の電気自動車を購入するなど、費用対効果で電気自動車を選ぶようになったきました。地球温暖化防止の「啓蒙」になると言って、高価な電気自動車と急速充電器を買う自治体がありましたが、さすが無駄なことだと分かり減って来た様子です。しかし、意味の薄い保護対策であっても、「やらないよりやった方が良い」、「できることから始めよう」と屁理屈をこねまわし、費用対効果を無視して実施に持ち込む自治体がまだまだ多いようです。財政... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2013/05/16 09:49
津波対策は、市庁舎のプレハブ・分散化で
1.災害を考え、役所の分散化を図るべき   東日本大震災による津波の被災地を見た人の多くの人が、市役所の分散化を図るべきだと言う。原発も分散化しておくべきだったと言う意見が多い。  貴重な資料を保管する建物を郊外に設けている銀行は多い。奈良の正倉院もその一つと考えられる。今回の津波で、土地台帳など貴重な資料の保管のため、頑丈で高い庁舎を建てようとする市があるが、どこまで大きな津波に備えようとしているのであろうか?鉄筋コンクリートの建物の寿命は海岸近くであれば100年前後であろう。だからと言っ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2011/06/10 13:04
電気自動車は温暖化防止に逆効果
1.電気自動車が普及しても地球温暖化は止まらない  郵政公社がベンチャー企業から150台以上の電気自動車を購入するなど、費用対効果で電気自動車を選ぶようになったきました。地球温暖化防止の「啓蒙」になると言って、高価な電気自動車と急速充電器を買う自治体がありましたが、さすが無駄なことだと分かり減って来た様子です。しかし、意味の薄い保護対策であっても、「やらないよりやった方が良い」、「できることから始めよう」と屁理屈をこねまわし、費用対効果を無視して実施に持ち込む自治体がまだまだ多いようです。財政... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/12/01 13:01
プラスチックゴミは燃やせ−9
  国が方針を出すと、それに無批判に従う、というより積極的に補強しようとする公務員や地方議員がたくさんいます。容リ法が、その代表例の一つです。容リ法の通りにプラゴミをリサイクルすれば、環境保護になるのかどうかを確認もせず、考えもせず、議論もせず、「法律は正しいから従うのが国民の責務だ」などと信じてしまうのでしょうか。これは、非常に危険な考えです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/10/09 10:32
環境基本計画は、行政のコミットメント(約束)です。
1.○○基本計画は役に立たない。   本来、基本計画は、期限を限って、予算を決め、目標を確実に達成するための「筋道」を決めたものです。もし、計画通りに達成できなかったら、立案者に責任が発生するはずのものです。  計画通り達成できなかったら、目標の設定が悪かったのだから、「PDCA」サイクルで修正すれば良い、といった気楽な計画は、およそ必要のないものであり、単なる「小説」に過ぎません。  これは基本計画であって方針を示すモノであり、「実施計画」で詳しい道筋は示す、とも言います。しかし、その「... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/08/03 06:09
プラスチックゴミは燃やすべしー8
 中央環境審議会の廃棄物・リサイクル部会長の田中勝氏が、7月24日の朝日新聞17面[オピニオン]欄に「プラスチックゴミは、もっと燃やせ」と題して、リサイクルの無意味さを述べている。河野太郎代議士はブログ「ごまめの歯ぎしり」で、容器包装リサイクル法に基づいて、容器包装リサイクル協会はプラスチックゴミのリサイクル先を入札で決めているが、透明性が確保されていない。なにか利権があるに違いない。そして、役所はそれを見逃している。この協会は解散させなければならない、と書いている。     多くの市町村は... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2010/07/26 06:41
正しい環境教育-1
1.学校でリサイクルの重要性を教える先生は多い。  しかし、ゴミ減量の大切さを教えている先生は少ないと思います。ゴミのリサイクルを教えれば、当然、ゴミを減らそうという意識は薄れます。現に、横浜市のG30計画実施後に、「ゴミ総量」は増えているのです。「燃やすごみ」だけは減りましたが、年間40億円のゴミ処理経費の支出と、CO2排出量の増加があったのです。  このように、プラスチックゴミのリサイクルを始めたら、ごみの総排出量が増えた、という市町村が実は多いのです。あなたの市町村はどうですか?一度調... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/07/14 12:09
プラスチックゴミは燃やすべしー7
 ある町長は、町民との会合で「プラゴミを燃やすと言う後進国のようなことはしない」と語りました。現在全国の42%の市町村が容リ法どおりにリサイクルしていませんし、都内の11の区(豊島区など)もやっていません。皆、熟慮を重ねてそうしているのです。この町長の話従えばこれらの市町村は皆「後進国」並みと言うことになります。  おそらく「お上」の言うことはすべて正しい、従わないのはおかしいと言う考えがこの町長の根底にあるのだと思います。地方分権など考えてもいない町長です。同じ考えの首長が全国に多いのかもし... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2010/07/08 17:23
プラスチックゴミの処理費の現状
 6月14日、10年後までに温室効果ガス排出量を1990年比で25%削減する「地球温暖化対策基本法案」が、環境委員会で強行採決された。国民生活や経済成長への影響などは示されなかったが、今国会中に成立する公算とのこと。この中には、「地球温暖化対策税(環境税)」の導入が明記され、企業に排出削減を義務づけた上で削減量の過不足を売買する「排出量取引制度」を創設することなどが盛り込まれた。  本ブログで度々述べているように、「地球温暖化防止に対する投資で、新しい需要が生まれ、経済成長する」と言う「幻想」... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/05/26 12:17
プラスチックゴミは燃やすべしー6
★神奈川県茅ヶ崎市で、プラスチックゴミの分別リサイクルを一部スタートさせました。  リサイクルセンターを隣接する寒川町に20億円以上掛けて建設し、いわゆるゴミの「資源化」を始めるのです。この施設の中で最も大きなスペース占め、最も多く人員を掛けるのが、PETボトルを除くプラスチックゴミ(以下、その他プラと呼ぶ)のリサイクルです。  その他プラには、ラーメン等の包装やマヨネーズのチューブ、時にはオムツも入って来ます。昨年、平塚市の集積場で火災が起こり約10億円の損害が発生しましたが、ガスの残った... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/05/07 23:32
市町村のCO2削減費を地方交付税で措置をせよ
 大きな事業者や発電事業者は、国の総量規制で排出量削減に向かうことになるであろうが、それ以外の農業や商工業や一般家庭のCO2削減の手段は何も見えていない。  これら住民の出すCO2の削減に国が規制を掛けることはできず、市町村主体で行うしかないと思われる。しかし、大きな事業者のCO2排出量は県などで把握できるが、市町村内の住民の出すCO2は、現在どの市町村でも把握されていない。それでも、「6%、CO2排出を削減する」などと、できもしないことを「計画書」などに書きこんでいる市町村が実に多い。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/04/13 10:03
国は地方自治体に、CO2総量規制を掛けよ
 政府は、原子力発電を今後のCO2対策の一つの柱としてようやく認めた。当然のことである。発展途上国の人口増加が(経済成長に伴って)落ち着くまでの50〜100年間のエネルギー源は、原子力が主力にならざるを得ない。「原発は無い方が良い」などと声高に言っても、代替技術が追い付かない、金もない、風上隣国の原発建設ラッシュも抑えられない。現実を直視して貰いたい。国際社会が核兵器への転用を監視・阻止し平和利用するしか方法はない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/03/25 15:31
環境保護の市民活動はレクレーションか
1.全国の市町村に環境保護の市民団体がある。  エコワークス、エコネット、エコリンク等といった市民環境保護団体を持つ市町村が多い。  しかし、単なるレクレーションを、無理やり環境保護にこじつけている例が多い。  公害防止から始っり環境保護に移行した経緯を見れば、環境保護が「地球規模の問題」であるのは明らかであるが、なぜか、職場環境や教育環境の保護まで「環境保全」に含むようになってしまった。「自分の周りだけきれいであれば良い」などといった活動は、単なる清掃活動であり、本来の環境保護活動では... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/26 19:39
CO2削減は国内で、景気回復は外需で
 CO2削減は国内で、景気回復は外需でというわけには行きません。新しい価値の創造、生産性の向上がなければ経済は成長せず、日本も世界も生活のレベルは上がりません。世界全体のCO2排出量の4%(約12億トン)しか排出していない日本が、国内で25%のCO2排出を削減しても、世界全体で1%減るだけです。地球温暖化防止に何の効果もないと言って良い程度です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2010/02/10 00:12
公僕が、環境保護の理想を語らないで欲しい。
◆将来はこんな市にしようと、市長や議員が理想を語り当選するのは理にかなっているが、「○○市は、資源循環型社会を目指し頑張ります」などと、市が理想を掲げている場合が多い。いつ頃から市役所が「理想」を掲げるようになったのであろうか? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/02/06 13:27
環境基本計画の無駄
 多くの市町村で環境基本計画が作られていますが、その成果報告である「環境報告書」を読むと、計画未達が非常に多いのにあきれます。これでは、基本計画を作った意味がありません。計画とは目標達成を効率よく行うためにあるものです。どうしてこのような無駄が起きるのでしょうか? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2010/01/22 13:16
住宅用太陽光発電の事業仕分け
1.政権与党の主催する事業仕分け  最終日の11月27日、1時間前に並んで主として第二グループを傍聴しました。「たった1時間で採否を決めるのは乱暴」、「民主党の宣伝だ」、「役人いじめだ」と批判が出ていますが、今まで官僚と与党の間で人知れず決まっていた政策が、公開の場で、妥当性の議論を見聞きできるのですから画期的なことです。これからは、しがらみのない市民オンブズマン等を仕分け人として、各省3役と官僚を前に、政策の事業仕分けが常時行えるようにしてほしいと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/11/30 07:32
太陽光発電の補助金の選び方
太陽光発電の補助金制度が発足します。今までの電力買い取り価格24円/kwH(家庭発電用)を48円にするというので、元が取りやすくなったと設置を検討する家庭が増えそうですが、逆に苦情も消費者庁にたくさん来ています。導入をした後で、そんなはずではなかったと「ほぞ」を噛まないよう、注意する点を書いておきます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/10/31 11:35
小田原市の地球温暖化防止対策の事業仕分け
1.、「地球温暖化防止機器設置補助事業」が仕分けに掛った。   最近、国政の場でも注目を浴び始めた「事業仕分け」を、10月4日,小田原市で傍聴した。2日間掛けて80事業を、仕分けを行う仕分け人6人と、市の担当職員が対峙し妥当性を議論した。その一つに全国で行われている自治体の「地球温暖化防止」対策があった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/10/05 08:41
市町村の環境保護事業は、即刻止めなさい
 ここでは、輸入資源の消費節減と言う「本来的な地球規模の」環境保護対策に限定して述べる、と断っておくが、この類の環境保護を目的に、多くの市町村が、電気自動車1台と高速充電装置を買ったり、デモ用と風力発電機を設置したりしている。これによってCO2は減るどころか、逆に、その装置の生産時に発生するCO2が大きいため、トータルで大きくCO2排出を増やしてしまっている。まして、充電装置は、コンビニやガソリンスタンドが設置をし始めており、何も小さな市町村ごとに競争するテーマではない。どうして、環境保護と言う... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/10/01 10:44
QCバカと環境オタク
 品質管理の神様、デミングさんの教えをここまで浸透させた国は日本しかないと思う。本来統計学を基礎にした、効率的に品質を保証する技術であったものが、大きく転進し、魚の骨線図などが普通に生産活動で生かされ、TQC(トータル クオリティ コントロール)なる、品質管理と似ても似つかぬものに移行し、輸出用のISO9100の受審を増えさせた。(現在は、中国の受審数が断然多いが・・)。  何でもQCの手法で理解し対策しようとする人を、私は「QCバカ」と呼ばせていただいている.。「QCバカ」はどの生産会社でも... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/09/25 12:06
焼却炉建設談合で、40億円の損害賠償支払い判決が出た
20009年4月に、横浜市が1994〜5年度に発注したごみ焼却施設の建設(旭工場と金沢工場)工事で入札談合(市場を違法に分割)があったとして訴えのあった住民訴訟で、最高裁は、工事を受注した2社に、合計約43億円の損害賠償支払いを横浜市に対して行うよう命じた。下記参照サイト参照 http://homepage2.nifty.com/kana-ombuds/kouhou/2009/kouhou0087.html#6 http://mediajam.info/topic/924421 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/09/18 13:41
CO2削減の海外技術支援を増やせ
 民主党の25%CO2カットには海外支援によるCO2減が含まれているが、経済界は25%カット国際競争力が落ちて輸出産業に大打撃となると、国際舞台での鳩山党首の宣言を警戒している。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/09/09 07:12
ゴミ処理の広域化は、県営最終処分場から始めよ
 どうして、全国の市町村で、こうも多種多様なゴミ処理方法が採用されているのであろうか? 34分類でゴミを分別しているところからたったの2分類の市まで、市長が代わると方式をすぐ変え、隣の市町村とも大幅に違っている場合もある。(「ごみ分別の異常な世界」杉本裕明、服部美佐子著 幻冬舎刊より)。これらが皆、各市町村の実情に合った「最適な方法」だとは到底思えない。市町村によってゴミ処理の方法がここまでばらばらな国も珍しいのではないだろうか。  「多様化なくして進歩はない」のは正しいと思うが、本当に意味の... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/08/22 11:00
省エネビルが地球温暖化を促進する
 日本の温暖化ガスの排出は、京都議定書で6%削減を申し合わせたにも拘わらず2007年現在で逆に10%近く増えてしまった。この値はフロンガス類を含めた値であり、CO2だけを抽出すると14%も増えたことになる。これは、資源エネルギー庁が公表している値である。いろいろCO2排出を削減しているのになぜ、増えるの!と思う国民も多いのではないだろうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/08/19 11:12
プラスチック ゴミは燃やすべしー2
 以前から、「リサイクル 無理してやれば 温暖化」と警鐘を鳴らし、先のブログにも「プラゴミは燃やせ」と載せたが、プラの分別リサイクル信仰はなかなか消えない様子である。燃やす場合と燃やさない場合を、安全面・金銭面・環境面で比較・解析しようとせず、「プラスチックは燃やすものではない」、「悪いに決まっている」と信じている人が多い。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 1

2009/08/17 11:41
テレビ朝日 スパモニで、「太陽光発電」はモトが取れる?」と放映
H21.8.17朝のテレビ朝日、スーパーモーニングで、「太陽光発電はモトが取れるのか」という放映があった。この放送への疑問点を列記しておこう。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/08/17 10:30
「ゴミ分別の異常な世界の解説本が出ました
幻冬舎新書、「ゴミ分別の異常な世界−リサイクル社会の幻想。朝日新聞記者の杉本裕明氏と服部美佐子共著(819円) 以下のように、本ブロクと同様ゴミ処理の異常さを指摘している。ぜひ、多くの自治体の首長に読んでもらいたい。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/08/01 14:44
横浜の中田市長辞任の理由は、「いたたまれなくなった」こと。
 婚約不履行、デートに公用車不正使用、破廉恥パーティなど下半身問題が何度もニュスになり、消防局員が政治パーティ券販売、政治資金の着服など、後始末の厄介な問題が山積みとなっている。公正取引委員会が指摘した焼却炉談合事件では市側が勝訴し市に30億円が返還された(2009)が、師と仰ぐ前市長を裏切ったと言われ、保育園民営化をめぐる損害賠償訴訟も敗訴となった(2006年)。いたたまれなくなった理由に事欠かないが、ここでは環境問題に絞っておこう。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/07/30 20:52
一村一品で、無駄な地球温暖化防止活動を止めよ
 地球温暖化防止を目的に、小さな「一品一村」市民活動が全国で始まっている。しかし、過去のこの活動の表彰を調べてみると、地球温暖化防止に何の寄与もしない「生ごみなどのリサイクル」や、「小さな太陽光発電装置の設置」や、「植樹」や、単なる「啓蒙活動」が上位に名を連ねており、安いお金で大きなCO2削減を成し遂げている「本物」の活動が無視されていることが分かる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/07/30 13:12
屋上緑化はヒートアイランド防止にはならない
 屋上緑化で屋上表面の温度が下がるのは、枝葉や土から水分が蒸散するからである。手の掛かる木を植えたりしなくても、屋上に吸水材を敷いて水を掛け、その水分を蒸散させても同じ効果があることは実験で分かっている。屋上の景観を見栄えのあるものに変える目的で、横浜ジョイナスや玉川高島屋は屋上緑化を採用しているが、ヒトーアイランド防止が目的であるなら、定期的に散水しておくだけで十分効果が出る。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/07/27 16:32
プラスチックごみを燃やしても、灰は出ません
 ポリバケツなどは「不燃ゴミ」に分類しているから燃えないだろうと思っている人がいますが、軽く粉砕すれば良く燃え、ごみ発電の役に立ちます。プラスチックのシートや容器なども良く燃えます。ダイオキシンが出るなどと騒がれましたが、今は焼却炉の温度を上げているので出ません。プラスチックは、石油からあまり費用を掛けずに作られるものです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/07/27 11:31
多目的事業はほとんどが無駄使い
1.地球温暖化防止にも効果もある街路樹  街路樹を増やす事業の予算趣意書に、「景観の改善に加えて、地球温暖化防止の効果もある多目的な事業である」と、どの市町村も書き加えている。タカが、数百本の樹木を植えても、枝落としはするであろうから、白神山地のようにセルロースとして炭素(CO2)が長く蓄積されることはない。やらないよりやった方が良い事業ではなく、効果と投資額を比較すれば、「やらない方が良い地球温暖化防止対策」であることはすぐ分かる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/07/25 23:57
PDCAサイクルの無駄
 よく、市町村の○○計画書に「PDCAを回す」と書かれている。ISOからの引用だと思われるが、これは、計画(P:プラン)をして、実行し(D:デゥー)、チェック(C)、してその結果を生かす(A:アクション)という、政策実行の手法である。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2009/07/11 10:29
市町村の本会議場は無駄
 どの市町村も財政ピンチですが、一般質問の議事録を見てみると、財政に関して、「無駄な事業をもっと減らせ!」、「この予算で大丈夫なのか?」、「来年度ひどいことになるのではないか」といった質問はほとんど出ていない。逆に「おねだり質問」の方は大多数の議員がタップリ行っている。議員の役目とはいったい何なのであろうか?住民の「御用聞き」、「役所への橋渡し」を本分とする一昔前のタイプの古い議員は、このような「おねだり」の仕事が当たり前だと思っている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/07/10 11:33
電気自動車を生かすには、原子力発電が必須
電気自動車を生かすには、原子力発電が必須 電気自動車は、C02排出が少ない自動車として注目を浴びています。しかし火力発電をする時にC02を排出するので、電気自動車にすればCO2排出がゼロになるわけではありません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/07/10 09:41
電動コンポスト補助の無駄使い
 全国で、電動コンポストの購入に補助金が無駄なことだと分かり、中止している自治体も多いのが、まだ出し続けている自治体もかなり多い。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/06/30 11:33
横浜市の緑化税と環境保護政策
1.横浜市は、財政難であるにも関わらず、「無駄な事業はない」と言い切って「緑化税」を新設し、緑地を増やしています。しかし、市が行ったアンケートによると40%もの市民が「今のままで良い」と答えているのです。増税がそもそも必要なのか疑問です。環境創造局の職員は、横浜市がジャングルになるまで、際限なく、緑を増やそうと思っているようです。また、「農業を増やすと環境が良くなると信じて(信仰して)いる」職員が多いようです。まさか、野菜栽培が地 球温暖化防止に効くと思っているのではないと思いますが、信仰は行政... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/26 21:54
市庁舎建て替えを避ける方法
最近、市役所の建て替えを急いでいる例が多いが、未曾有の不況の中、100億円〜の投資が市の財政を大きく圧迫しようとしている。耐震化が建て替えの大きな理由になっているようだが、本当にこの巨額の投資は避けられないのであろうか。 豪華な市役所が多く、市中で一番立派な建物が市役所と言う例も多い。この背景には、大名が城の豪華さを競った戦国時代と同じように、首長が市役所を「自分の城」のように考え、手狭だとか安全じゃないなどと言いながら本当は、一族郎党を市役所の周辺に集め、一点集中の立派な城郭を築きたいという... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/06/26 21:28

トップへ | みんなの「無駄使い」ブログ

環境オンブズマン 無駄使いのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる