環境オンブズマン

アクセスカウンタ

zoom RSS 介護保険の大改正で何が変わる

<<   作成日時 : 2014/11/19 10:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

来年度から始まる介護保険法の大改正の影響は大きい

まだ何も、国が具体策を指示していないにもかかわらず、事例集を積み上げながら固めている状態。しかもその状態で自治体に「保健福祉計画」の作成を急がせている。

1.小さな市町村イジメの改正である
 
 全国一律の介護から、地方分権という美名のもと、金のある自治体とない自治体で、介護のサービスのレベルに差が生まれてくる大改正である。
 小さな市町村には(医師会)がない。今回の改正には、在宅医療・介護を増やし、それによって介護給付の3倍と言われる医療費を減らす大目的がある。これは、今後の流れではあろうが、その地区の医師会が往診を多くすることに同意しなければ(診療費を高くしなければ・・)成り立たない。
 介護施設への往診の保険給付が、先般儲け過ぎと言われ半額ほどに減らされた「ウラミ」をかなりの往診専門医が持っている。そこに、これから往診を増やしてくださいと言っても、応ずる医師は少ないであろう。
 つまり、小さな市町村は、大きな市町村に存在する医師会の意向の大きく左右されることになり、おそらく保険の財政負担割合が増えることになると思われる。当然、市町村に任された軽度の介護に関する自由裁量の余地は狭められる。

 またデイサービスは、今まで「介護予防」という美名のもと、宅老所的に使う家族が増えた。そもそも健康な高齢者を、税金や保険料で一日レクレーションなどやって面倒見なければならないのかという疑問がある。今回の改正で、これは是正され、要支援者への介護保険からの給付は大きく減らされることになる。つまり、小さな市町村の小さなデイサービスは、かなりの割合で、「つぶれる」と思われる。

2.これからは、安易に高齢者を預けられる場所は減る
 病院はすでに、長く入院させておかないよう種々の政策が打ち出されているが、精神病の患者を医療から介護に移行させる動きになっている。確かに西欧に比べ、精神行院のベッド数は、人口比で7倍とも言われ、「どこかに預けたい」という厄介払いの考えが、大きく医療費を上げてきた。
 精神病患者はすでに要介護の高齢者の数と肩を並べている。高齢者と違って「治れば働ける」人たちである。できるだけ入院させないで社会復帰を図るACT−Kなどの動きが京都などで始まっているが、正しい方向だと思う。しかし、地方の小さな市町村のそれだけの医師、看護師、作業療法士、ケースワーカはいない。人的資源の要請を同時に行わなければ、実行不可能と言わざるを得ない。


 人口を所帯数の変遷を調べると、地方ほど、所帯分離と呼ばれる高齢者を独にして、生活保護を受けたり、介護保険の負担を減らそうとする動きがある(特に本州で)。今回の改正で、預金などの財産のある場合の所帯分離は厳しく制限されることになると思われる(本当に財産をきちんと調べられるかどうか、行政的な問題がある)。
 要は、高齢者の介護を社会で看るという今までの「理想」が、崩れ出したと言ってよい。そうせざるを得ない国の財政状況になったとも言える。

3.西欧の介護に近づくのか?
  文芸春秋の11月号に特集されているが、日本は、病院で死なせる割合がダントツに高い、得意な先進国であるらしい。つまるところ、あまり長生きさせないで、長生きするなら社会貢献をぎりぎりまでやって「ピンピンコロリ」で亡くなるのが、最も国全体の介護負担が減ることになる。この方向の介護保険法の改正が今後続くと思われる。
 その点から言えば、今まで日本で「介護予防」と言われていた分野は、これからは、「ピンピンコロリ」対策に変身して行くと思われる(大きな声で言わないにせよ)。現に、長く運動を続けていた人のピンピンコロリ率が高いという論文が出ている。
 歩くことそのものが「目的」になっているかのような「歩け歩け運動」にも、補助金を出してよいと思う。それなりに、介護負担の軽減が望めるからである。費用対効果も大きいと思われる。私の知人は、ボランティアをやっていて、体調が悪いと自宅に帰り、3日後に「老衰」で亡くなった。84歳でした。

以上・とりあえずここまで・ご意見乞う。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
介護保険の大改正で何が変わる 環境オンブズマン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる